住宅ローン審査で不合格になっても他で申し込んでみよう

住宅ローンの審査基準は金融機関によって異なりますので、ひとつの金融機関で審査が通らなくても別の金融機関で審査に合格したという事はよくあります。
しかし、住宅ローンには申し込み条件があり、それをクリアしていないと住宅ローンの申し込み資格がありません。
ですから、事前に金融機関が公表している「住宅ローンをご利用できる方」の項目を確認しておく必要があります。
具体例をあげますと、年齢制限が借入申込時満20歳以上完済時年齢満80歳以上、日本国籍または永住許可を有し、日本国内に居住している人、勤続年数2年以上、前年度税込年収300万円以上の正社員または契約社員など、細かく規定されています。
金融機関によって数値や条件が異なりますので、よく確認しないと書類審査だけで不合格になってしまいます。
三菱東京UFJ住宅ローン繰り上げ返済は損?手数料は?【メリットは?】