家庭用脱毛器のケノンとトリア買うならどっち?

家庭用脱毛器と医療脱毛、どっちがより高い脱毛効果を得られるか?それは医療脱毛です。

医療脱毛は、黒色に反応する特殊なレーザーを照射し脱毛を促す脱毛法です。

脱毛サロンなどでもメラニン色素に反応する光を照射することで脱毛を促す脱毛法を採用していますが、照射パワーが全然違いますので、高い脱毛効果を実現できるのです。

そして、医療脱毛のみ永久脱毛を謳って良い脱毛法です。

もうこれ以上ムダ毛の処理をしたくないという方は医療脱毛がオススメです。

しかし、脱毛効果の高い医療脱毛にもデメリットがあります。

それはずばり費用です。

家庭用脱毛器や脱毛サロンと比較すると格段に高いです。

そして、レーザー脱毛はその痛さゆえに途中で断念してしまう人も多いということを念頭に入れておきましょう。

脱毛するときに刺激が強いと感じたり、痛みを感じる場合は、水や保冷剤などであらかじめ皮膚を冷やしてから脱毛器を使えば、感じる痛み(刺激)が軽減できます。

光脱毛方式のように出力の強弱を調整できる器具なら、最初は弱めに設定するのも良いでしょう。

出力が高いほど高い脱毛効果は得られますが、一部の人には強すぎるということもあります。

家庭用脱毛器で挫折してしまう原因には「痛み」もありますし、痛いままでは結局、使わなくなってしまうのではないでしょうか。

一番強い出力で大丈夫な人と、そうでない人がいます。

弱い出力でも効果が得られるように設定されていますので、焦らず、無理のない脱毛をしていきましょう。

アンダーヘアの自己処理を脱毛器で行うのであれば、アンダーヘアに対応していることを明記している脱毛器を使わなければいけません。

メーカーがアンダーヘア非対応としている脱毛器で脱毛できるのだからと思って処理してしまうと、熱傷による深刻なトラブルとなったり、ほてりやかゆみ、赤みなどの炎症を引き起こすこともありますので、非対応機種の使用は避けるべきです。

というわけで、アンダーヘアの場合は対応している機種を選ぶことが第一条件ですが、その次はなにかというと、出力が調整できるタイプがおすすめです。

痛くて使えなかった、ということもありません。

昨今では、季節をあまり考えず、薄着のよそおいの女性が多いようです。

女性は皆さん、ムダ毛をいかに脱毛すべきか毎回悩んでおられるのではないのでしょうか。

ムダ毛の脱毛方法は多数ありますが、最も簡単な方法は、やはり自分の家で脱毛をするということですよね。

脱毛器に興味があるけど、効果が出ない可能性を考えるとサロンに行った方がいいのかなと、考えている人も多いのではないでしょうか。

安い脱毛器は数千円からありますが、高いものだと5万円以上したりします。

脱毛器によっては、全額返金保証がついているものもありますが、大半のメーカーでそういったサービスは付けていません。

また、全額返金保証を受けるには、詳細なレポートの提出が求められるなど手続きが煩雑になる場合も多いので、全額返金保証制度があるからといって、どんな理由でも返品ができるとは限らないということは覚えておきましょう。

では、何を基準に選べばいいのでしょうか?その答えはずばり口コミです。

ただし、口コミにも信用に足るものと足らないものがありますので、良い評価そして悪い評価、どちらも精査することが大切です。

また、体験談などを実際に買って購入している人の意見も参考にしましょう。

「きれいなおねえさんは、好きですか。

」このキャッチコピーを聞いたことはありますか?パナソニックの女性向け美容家電商品のコマーシャル等で使われていたキャッチコピーですね。

女性向けの美容家電なのにもかかわらず、女性から男性に向けたキャッチフレーズが話題になりました。

きれいなおねえさんには、凛とした美しさ・愛しさが要素として重要視され歴代のイメージガールには松嶋菜々子さんや仲間由紀恵さんが起用されています。

パナソニックで発売されている脱毛器といえばケノンが有名ですが、最近は光エステES-WP80という光美容器が登場しました。

光エステは女性用レーザー・光脱毛器の販売数量シェアで量販店No.1になっています。

ワイドな照射面のボディ用、コンパクトな照射面のフェイス用、コーム付で幅が狭い照射面のビキニライン用の3種類のアタッチメントが付属しているので、これ1つ全身のムダ毛をケアすることができます。

男性も使用可能ですが、ヒゲには効果がないそうです。

最近よくみられるのは、一つの季節にこだわることなく、薄着の洋服をまとう女性の中で増加傾向と言えそうです。

女性陣は、ムダ毛処理の方法に悩んでいる人もいるようです。

ムダ毛を脱毛する仕方はいろいろありますが、一番オススメな方法は、家で脱毛することですね。

このごろ、家庭用の脱毛器の需要が高まっています。

自宅に居ても、簡単に脱毛処理が可能なので、使用者が増えて来ているのもうなずけます。

以前と比較して、マシンの性能が格段に改良されているのも注目を浴びる理由の一つです。

家用の脱毛器の中には、真新しい光脱毛システムによって脱毛効果がすごく良くなっているものもあります。

ブラウンというと、男性用の電気シェーバーのイメージがあるという方もいるかと思いますが、女性用脱毛器も作っているんですよ。

光脱毛というものは、黒いものに強く反応する仕組みですので、肌の色が濃い方は、火傷を負ってしまう可能性があるのですが、ブラウンのシルク・エキスパートは肌の色に合わせて光を10段階(プレミアムモデル)に調整することができるので、最適な効果と安全性を実現しています。

ブラウンのシルク・エキスパートは、ベーシックと、プレミアムの2種類あるのですが、ベーシックモデルの照射間隔が3秒なのに対し、プレミアムモデル1、2秒で済むこと、光の調節段階もベーシックモデルが3段階しかないのに対しプレミアムモデルは10段階もあるなど、お値段に多少の差はでてきますが、どうせ買うならプレミアムモデルのほうがオススメです。

家庭難しくなくムダ毛の脱毛を行えるレーザー脱毛の機械があります。

家庭用にレーザー量を少なめにしているので、心配なく使用することが出来ます。

脱毛効果は医療機関よりは高くないですが、クリニックなどでは予め約束をしておくことが必要で自身の毛の生えるサイクルと合わなかったりするものです。

自宅でやるのであれば、自分の間で脱毛することが出来ます。

脱毛器を選ぶにあたってランキングサイトの順位を信じて購入すると言う方も多いと思います。

しかし、そのランキングサイトに嘘偽りはないと言えるでしょうか?なぜならどんなに有名なサイトであってもステマをやってないとは言い切れないからです。

参考:人気の脱毛器を徹底比較!ケノンとトリア買うならどっち?【効果検証中】

例えばamazonですが、amazonでレビューの評価順で脱毛器を検索してみたところ、ある脱毛器が1位表示されます。

しかもなぜか商品は同じなのにメーカーが違う物も出てきます。

評価の内容をよく見ると使っていないのにも拘らず星5評価を下しているものも少なくありません。

アットコスメのランキングも信じて良いものか悩みます。

なぜなら、脱毛器を口コミ件数で検索したところ、口コミ件数が300程度の脱毛器が1位表示されるのですが、口コミ件数700件以上あるケノンが1位にならないのは意図的に検索から除外しているのかなと思われても致し方ないのではないでしょうか。

ランキングサイトで選ぶ場合、本当にその評価が適切なのか吟味する必要があるでしょう。

家で自分で脱毛ができる脱毛器には様々な種類があるので、どのような脱毛方法が自分に合っているか考えて購入するようにしたほうがいいですね。

フェイスのうぶ毛やVラインなどのアンダーヘアを脱毛できる機器もあれば、美顔効果のある商品も販売されています。

気軽に持ち運べるものから重いものまでありますし、使用するときには充電が必要なものから電池1つで使えるものまで様々ですが、脱毛するときに時間を気にせずにしたい!という方は手軽な電池ではなくコンセントにコードをさして使用できるものがいいでしょう。

フラッシュ脱毛器ケノンやアミューレで知られる脱毛器は、泡脱毛という方式での処理になります。

泡で包みこみながらムダ毛を処理することで、気になる肌へのダメージは減り、痛みが軽減されます。

しかし、脱毛のパーツによって注意が必要です。

一本一本の毛を挟んで引き抜くという方法なので、痛いのが苦手、という人にはあまりおすすめできません。

やっと毛が抜けた!と思えば今度は肌に赤味が見られることが多いと言われています。

脱毛器で永久脱毛をやってみたいと思っている人も多いかもしれません。

脱毛器にはクリニックでも採用されているレーザーを使用するタイプもあります。

ですが、安全のためを考えて出力をさげなければならないので、残念ながら永久脱毛はできません。

それでも永久脱毛をしたい場合脱毛クリニックへ行って医療脱毛を行うといいでしょう。

脱毛できる(と言っている)機器の中には、思ったような効果が得られないようなものもあります。

価格順で検索して安い脱毛器を見つけることはできますが、本当に脱毛効果があるのかどうか、調べてから買っても、遅くはありません。

安価な脱毛機によくあることですが、デリケートな脱毛には対応しておらず痛すぎる、動作音が大きすぎる、使用時のニオイが気になるなどの「脱毛できるけどそれだけじゃダメ」というデメリットも多いですね。

安い価格にはそれなりの効果とデメリットがつきものだと思い、本当にそれで良いのかよく考えてみるべきでしょう。

VIOのムダ毛、どうにかしたいと思っている人は多いはず。

VIOとは、VラインIラインOラインのことです。

最近では女性だけでなく、男性もアンダーヘアーの脱毛をしている人が増えているんですよ。

家庭用脱毛器でVIO脱毛を行う場合、その脱毛器がVIO脱毛を推奨しているか確認することが大切です。

VIOはとてもデリケートな部分ですので、誤った使い方をし怪我をしてしまっては元も子もありません。

家庭用脱毛器の場合VラインはOKとしているものも多いのですが、Iラインは局部に近くなりますので使用を認めていないものも多いです。

それにIOラインは自分ひとりでは処理しづらい個所でもありますので脱毛サロンあるいは医療脱毛にて脱毛することをおすすめします。

IOラインだけであれば費用はそこまでかかりません。

最近では介護に備えて40から60代の人が脱毛する介護脱毛というのも流行っているそうです。

市販の脱毛器は、通常の使用上の安全性が確保されていると判断された上で販売されているものですが、メーカーが禁止している方法で使用したり、使用方法を間違えると、思わぬ肌トラブルになってしまうことがあります。

安全に脱毛ができるよう、使用上の注意点など同梱の冊子をしっかりと読んで、使用する際は守るようにしましょう。

光を照射するタイプの脱毛器具の場合はとくに、厳密に使用方法を守った方がトラブルがありません。

さいごに、使用した器具のお手入れも説明書の通りに行なっておきましょう。

清潔な器具は安全の第一歩です。